オンライン英会話の相場はいくら?5千円?1万円?

オンライン英会話の料金「仕事で海外部門に異動になった」「海外拠点と打ち合わせする機会ができた」など、ビジネスで英語を使う機会は増加しています。

この記事では、「オンライン英会話はじめたいけど相場ってどれくらい?」と思われている方に向けて、オンライン英会話の相場と、各サービスの最低料金ご紹介します。

留学経験なしの純ジャパの私が、オンライン英会話歴10年以上、オンライン英会話と英語学習を通じてTOEIC940点、英語の会議もこなせるようになった経験から、ポイントを絞って紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話の相場は5千円から1万円

オンライン英会話の相場
日本にはすでに多くのオンライン英会話サービスがあり、競争も激しく高くもできないので一定の価格帯が存在します。

その相場は、5千円から1万円。

これらは、オンライン英会話では一般的な、毎日25分1レッスンの金額です。

これらよりも安い金額のサービスもありますが、レッスン回数が少なかったり制約があるものになります。

代表的なオンライン英会話の料金

オンライン英会話の相場毎日25分1レッスンの料金をご紹介します。

それぞれのサービスで特色が違うので「安い・高い」だけで判断するのではなく、こちらでは相場理解のためにご確認いただければと思います。

毎日ではなく頻度を落として安いプランも存在

これまで毎日25分1レッスンの料金プランを紹介してきましたが、もっと手軽にはじめたい場合は、月8回など頻度を落としたり、受講できる時間帯に制約を入れることで、料金を低くすることもできます。

迷うよりもまずは手軽に始めるのが吉
オンライン英会話の料金は毎日プランで5,000円から10,000円ですが、この金額にためらいがあるようでしたら月に8回プランでまずはスタートするのが良いと思います。

月8回と言っても週2回のレッスンになるので、一定の頻度で英語に触れることができ、迷っている間に上達できるからです。

料金に対して余裕があるなら目的特化型のオンライン英会話を選ぶのがおすすめ

オンライン英会話の相場オンライン英会話の料金相場に対して「それくらいなら払える・問題ない」と思われた方は、次に目的特化型のオンライン英会話を選択肢として検討してみてください。

例えばビジネス用途で英語を学びたいようであれば、ビジネス特化型のオンライン英会話スクール。例えばビズメイツなどです。

多くの人は、日常会話で基礎的な力をつけてから特定の分野の英語に取り組むイメージを持っていますが、実はその順で取り組むのは遠回りです。

例えば、ビジネス英会話は必須英単語数が日常英会話より少なく、さらに使用するイディオムも限られていてパターン化できるので、はじめからビジネス英会話に入ることが仕事への応用の近道になります。他の分野も同様です。

目的特化型のオンライン英会話は料金が高めに設定されていますが、その分目的達成への時間は短くなるのが常。

オンライン英会話選びは料金以外も含めて考えていきましょう。

おすすめのオンライン英会話

レアジョブ


レアジョブは、オンライン英会話スクールの代表格。歴史が長いサービスです。私が一番はじめに受けたオンライン英会話サービスもレアジョブでした。

レアジョブの特長は、フィリピンの国立トップ大学であるフィリピン大学出身の優秀な講師を採用している点で、講師によるムラが少なく、安定して優良なレッスンが受けられます。

また、多くの企業や教育機関に導入されているので、サービスの品質についても安心です。

英語を使うことが多いであろう、総合商社の三井物産をはじめ、アサヒやライオン、ミズノなど、企業の導入実績は3,400社にまでのぼります。

なお、ビジネス英会話コースも用意されているので、仕事で英語を使う方はそちらがおすすめです。

ビジネス英語はボキャブラリーやイディオムも定型化されていくので、初心者であってもビジネス英会話に特化して勉強したほうが習得の近道だからです。

項目 内容
名称 レアジョブ
講師の国籍 フィリピン・日本
講師の人数 6千人以上
料金 4,980円(月8回)7,980円(毎日)など
無料体験 2回

DMM英会話


DMM英会話は、レアジョブと同様、オンライン英会話スクールの代表格。私が二番目に受けたオンライン英会話スクールです。

DMM英会話の魅力はネイティブスピーカーも講師から選べることです。

ネイティブスピーカーとレッスンをすると、ネイティブならではの、単語と単語がつながった発音(リエゾン)に慣れることができるので、仕事相手がネイティブだったり、英語のニュース、英語の動画を見る必要がある方に強くおすすめします。

また、在籍講師の出身は120カ国以上に渡ります。さまざまな国の講師とレッスンが受けられるので、仕事でやりとりが多い国の講師とレッスンを繰り返すと、その国特有の訛りが吸収しやすく、仕事にいい影響が出てきます。

レッスン単価が安いことも魅力の一つです。

項目 内容
名称 DMM英会話
講師の国籍 世界133カ国以上(2022年10月1日現在)
講師の人数 1万人以上
最低料金 6,480円(毎日)など
無料体験 2回

ビズメイツ


ビズメイツはビジネス特化型のオンライン英会話スクールです。私も現在進行形で受講しています

多くの人は、日常会話で基礎的な力をつけてからビジネス英会話に取り組むイメージを持っていますが、実はその順で取り組むのは遠回り。

ビジネス英会話は、必須英単語数が日常英会話より少なく、さらに使用するイディオムも限られていてパターン化できるので、はじめからビジネス英会話に入ることが仕事への応用の近道になります。

ビズメイツでは、表の説明の仕方やグラフの説明の仕方、プレゼンテーションの型など、実務に沿ったカリキュラムが用意されているので、実践に沿って学ぶことができます。

カリキュラムのなかでは、単語だけを変えれば実務で使えるフレーズもたくさん学ぶことができ、そのまま実務のテンプレートとして使えるものも多々あるので、仕事への即効性も高いです。

項目 内容
名称 ビズメイツ
講師の国籍 フィリピン(2022年10月1日現在)
講師の人数 1,500人以上
最低料金 13,200円(毎日)など
無料体験 1回

まとめ

今回は、オンライン英会話の相場を紹介しました。オンライン英会話の相場は毎日1回25分のレッスンで5,000円から10,000円であるということを理解いただけたと思います。

オンライン英会話選びは料金だけでなく、多面的に見る必要があり、その中で重要なのは「何を達成したいか」という点だと思います。目的特化型のオンライン英会話スクールが存在すれば、料金は高めですが、それに入っていただくことをおすすめします。