英語でグラフを説明 2つの練習ステップとは?グローバル担当が徹底解説

「仕事で海外部門に異動になった」「海外に拠点と打ち合わせする機会ができた」など、ビジネスで英語を使う機会は増加しています。

この記事では、「英語でグラフを説明しなければならなくなったけど、どう説明するの?練習方法は?」と疑問を持っている方に向けて、その実態を説明します。

留学経験なしの純ジャパの私が、オンライン英会話歴10年以上、オンライン英会話と英語学習を通じてTOEIC940点、英語の会議もこなせるようになった私が、これまで使ってきた素材を提供しますので、ぜひ使ってみてください。

英語でグラフを説明するには?

英語でグラフを説明するときの手順は以下の通りです。特に日本語でグラフを説明するときと大きな変化はありません。

英語でグラフを説明するときの説明手順

  1. グラフ説明に必要な言葉を覚える
  2. X軸は何かを説明する
  3. Y軸は何かを説明する
  4. グラフから読み取るトレンドを説明する
  5. グラフから得られる示唆を述べる

例えば、食品業界でマーケットシェアの議論をする場合、

  1. このグラフは食品A業界のマーケットシェアを示しています。
  2. X軸は2020年から2021年の時間軸を示しています
  3. Y軸はマーケットシェアを示しています
  4. シェアは各社拮抗していましたが、A社が直近2ヶ月伸ばしています
  5. その理由は小売最大手A社に大幅な値引きをしA社が拡販しているからだ

例えば、旅行業界で売上の議論をする場合、

  1. このグラフは国内旅行の売上推移を示しています。
  2. X軸は2020年から2021年の時間軸を示しています
  3. Y軸は国内旅行の売上高を示しています
  4. 2021年10月までダウントレンドでしたが、その後回復傾向です
  5. その理由は顧客心理改善と2021年12月に行なった全国キャンペーンの結果です

のようなシナリオです。

いつも日本語で行なっている説明と変わらないと思いますので違和感はないのではないかと思います。

英語でグラフを説明するための練習法

練習方法英語でグラフを説明するための練習法は以下の通りです。

英語でグラフを説明するときの練習手順

  1. グラフが何を示しているか説明する
  2. オンライン英会話で練習する

グラフ説明に必要な言葉を覚える:グラフの名前

グラフを説明するにはグラフを説明するための言葉を覚えなければなりません。

しかし、必ず覚えなければならない言葉は多くはありません。

グラフの種類

ここではよく使うグラフを英語でどのように呼ぶのかを説明します。

  1. 棒グラフ:bar chart
  2. 棒グラフは主にボリューム・量感を示すときに利用されるグラフで、売上の推移等に利用されます。

  3. 折線グラフ:line chart
  4. 折れ線グラフは主に率の推移を示すときに利用されるグラフで、価格の推移などに利用されます。

  5. 円グラフ:pie chart
  6. 円グラフは主に定点での割合を示すときに利用されます。定点でのシェアを示すときに利用されます。

  7. ベン図:venn diagram
  8. ベン図は複数の項目の関係性を示すときに利用されます。特にそれぞれの集合の重複を示すときに利用されます。

  9. 散布図:scatter diagram
  10. 散布図はデータの関連性を示すときに利用されます。

  11. 表(関連用語):table
  12. グラフではありませんが、グラフのもととなるのが表です。表はtableと言います。グラフの下などに補足でつけることも多いです。

グラフのパーツ・グラフの要素

グラフの中にある要素の呼び方は以下の通りです。

  1. x軸:x-axis / horizontal axis
  2. y軸:y-axis / vertical axis
  3. 原点:origin
  4. 一番上の点:peak
  5. 一番底:bottom
  6. 棒:bar
  7. セグメント:segment
  8. エリア:area
  9. 網掛けエリア:tinted area
  10. 斜線エリア:striped area
  11. 線:line
  12. 直線:straight line
  13. 曲線:curved line
  14. 実線:solid line
  15. 破線:broken line
  16. 点線:dotted line
  17. 点:dot
  18. 矢印:arrow

グラフ説明に必要な言葉を覚える:グラフの説明フレーズ

グラフを説明するときの表現は多数存在します。

代表的なものとして以下に記します。

  1. 示す:show / represent / indicate
  2. 増える・増加する:increase
  3. 改善する:improve
  4. 減る・減少する:decrease
  5. (大幅に)減る・減少する:drop
  6. 悪化する:worse
  7. 上下を繰り返す:fluctuate
  8. 横ばい:remain flat
  9. 大幅に:significantly
  10. 急激に:rapidly
  11. わずかに:slightly
  12. 少しづつ:gradually

オンライン英会話で練習する

グラフの説明の基礎をざっくり把握した後は、実際にグラフの説明の練習をしていきます。

このグラフの説明の練習にはオンライン英会話の利用が効率的です。

なぜなら、

  • 説明する相手がいた方が実践に近く吸収が早くなる
  • グラフの説明の後に、質疑応答を行うことができる
  • 説明の仕方の具体的なフィードバックをもらうことができる

だからです。

しかも、いきなり実践と異なり、オンライン英会話には、誰もあなたを評価する人はいません。

リスクゼロなので、存分に間違えて大丈夫です。

ためらうことなくチャレンジしていきましょう。

おすすめのオンライン英会話:Biznates(ビズメイツ)

ビズメイツ


ビズメイツはビジネス特化型のオンライン英会話スクールです。私も現在進行形で受講しています

多くの人は、日常会話で基礎的な力をつけてからビジネス英会話に取り組むイメージを持っていますが、実はその順で取り組むのは遠回り。

ビジネス英会話は、必須英単語数が日常英会話より少なく、さらに使用するイディオムも限られていてパターン化できるので、はじめからビジネス英会話に入ることが仕事への応用の近道になります。

ビズメイツでは、表の説明の仕方やグラフの説明の仕方、プレゼンテーションの型など、実務に沿ったカリキュラムが用意されているので、実践に沿って学ぶことができます。

カリキュラムのなかでは、単語だけを変えれば実務で使えるフレーズもたくさん学ぶことができ、そのまま実務のテンプレートとして使えるものも多々あるので、仕事への即効性も高いです。

項目 内容
名称 ビズメイツ
講師の国籍 フィリピン(2022年10月1日現在)
講師の人数 1,500人以上
最低料金 13,200円(毎日)など
無料体験 1回