Bizmates(ビズメイツ)に日本人講師はいる?

オンライン英会話とは「仕事で海外部門に異動になった」「海外拠点と打ち合わせする機会ができた」など、ビジネスで英語を使う機会は増加しています。

この記事では、「ビズメイツでオンライン英会話をはじめたいけど、ビズメイツって日本人の講師もいるの?」と思われている方に向けて、ビズメイツの講師について説明します。

留学経験なしの純ジャパの私が、オンライン英会話歴10年以上、オンライン英会話と英語学習を通じてTOEIC940点、英語の会議もこなせるようになった経験から、ポイントを絞って紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンペーン実施中
Bizmatesでは初月50%OFFキャンペーンを実施中です。
無料会員登録後3日以内に有料会員登録すると50%OFFになります。毎日25日プランなら13,200円(税込)が6,600円(税込)に。毎日50分プランなら19,800円(税込)が9,900円(税込)に。ぜひご利用ください。(2022年10月15日現在)

Bizmates(ビズメイツ)に日本人講師はいる?

Bizmates(ビズメイツ)はクーリングオフの対象?Bizmates(ビズメイツ)は、ビズメイツ株式会社が運営するビジネス特化型のオンライン英会話サービスです。多彩なビジネス経験を持つトレーナー達とマンツーマン形式で、Excelのグラフの読み取りなどビジネスに特化したカリキュラムで学ぶので、実践的だと評判です。

さて、そんなBizmate(ビズメイツ)に日本人講師はいるか?の答えですが・・・

Bizmatesは、日本人講師はいず、フィリピン人講師で構成されています。

そのため、「日本人講師に日本語で何か聞こう」と思われていた方は、ビズメイツではそれはできないという答えになります。

ビズメイツの講師について


Bizmates(ビズメイツ)は他のオンライン英会話よりも高い質の講師を揃えています。

正直この謳い文句はどこのオンライン英会話サービスでも使われていますし、複数のサービスを受けてみないと差があるのかわからないと思います。

ですが、レアジョブ300時間以上など、複数サービスを受講してきた私の身からすると、サービスによって講師の質は異なると断言できます。

そして、Bizmates(ビズメイツ)は講師の質が高いです。

もちろん、フィリピン英会話なので、全ての講師がネイティブのように話すわけではありません。ですが、Bizmatesでは、「ビジネス経験」必須のうえ、「学歴」、「ティーチングスキル」、「コミュニケーションスキル」、「人間性」の側面から厳しい採用基準を設定。講師の採用率は1%以下になっています。

それだけ厳しい関門を潜ってきた講師なので、やっぱりレッスンの進め方は上手ですし、指摘も的確ですし、25分のレッスンでの頭の疲れ具合が他のオンラインレッスンと異なります。(何かこう頭が熱くなる感じというか・・・)

オンライン英会話を選ぶ時は、どうしても授業の単価だったりに目が行きがちなのですが、先生の質も重要な要素です。大学受験の際に、有名な先生がいたり、わかりやすく説明してくれる先生がいるから河合塾や駿台を選んだ方も多くいらっしゃると思います。

同じ要領で、オンライン英会話も先生の質がよければ良いだけ上達もはやいです。ぜひ先生の質で、オンライン英会話も選んでいただければと思います。

その観点で、ビジネス英会話の講師の質なら、Bizmatesだ、と私は思います。

最後に

今回はBizmate(ビズメイツ)のクーリングオフについて説明してきました。Bizmatesはクーリングオフでは無いものの、決済情報登録後8日間は、支払額の10%分を返金手数料として、契約の解除に対応してくれることをご確認いただけたと思います。不安も取れましたし、まずは無料体験からはじめてみませんか?

オンライン英会話