私が受講したBizmatesのEメールの受取人に合わせた書き方レッスンを解説(9月5日)

学生Bizmates(ビズメイツ)は、ビズメイツ株式会社が運営するビジネス特化型のオンライン英会話サービスです。多彩なビジネス経験を持つトレーナー達とマンツーマン形式で、Excelのグラフの読み取りなどビジネスに特化したカリキュラムで学ぶので、実践的だと評判です。

さて、今回は私が受講したBizmates(ビズメイツ)25分レッスンを振り返りながらレビューしていきます。

キャンペーン実施中
Bizmatesでは初月50%OFFキャンペーンを実施中です。
無料会員登録後3日以内に有料会員登録すると50%OFFになります。毎日25日プランなら13,200円(税込)が6,600円(税込)に。毎日50分プランなら19,800円(税込)が9,900円(税込)に。ぜひご利用ください。(2021年8月11日現在)
ビジネス英会話のBizmates 詳しくはこちら

私の英語レベル

私は、学生時代に海外生活の経験もなければ海外で働いたこともない、いわゆる「純ドメスティック」と呼ばれる部類に属します。ただ、英語を使った業務への憧れがあり、英語・英会話についてはこれまでかなりの投資をしてきています。結果、TOEICについては940点。英会話はそれなりにでき、流暢ではありませんが「ビジネス中級」レベルだと思います。

Bizmates(ビズメイツ)のレッスンの振り返り

概要

概要今回のBizmates(ビズメイツ)レッスンでは、王道のBizmates Lessonというカリキュラムではなく、Other Lessonというトピック特化型のカリキュラムでEメールライティングを学びました。

なぜこのレッスンを選んだかというと、Bizmates Coachingのカウンセリングの中で「なかなか仕事が忙しくてレッスンを受ける気になれない」とコーチに相談したところ、「だったら、Bizmatesで仕事を捗らせればいんです。仕事で外部に公開してはならない内容を除いたうえで、プレゼンの練習したり、文書を講師と一緒に読んで解釈したり、E-mailを書いたりすればいいんですよ。そして、そっちの方が英語も上達します。」とアドバイスを受け、Assist Lessonを受けたところ、Eメールの書き方そもそもの基礎をつけたいと思ったから。

今回はEメールの基礎について学びました。

内容

Bizmatesの内容
今回私が受けたレッスンのテーマは「Using appropriate language」。Eメールライティングにおいて、相手に合わせた言葉を選びなさい、といった内容。フォーマルなEメールか、インフォーマルなカジュアルなEメールを打つか。そして、フォーマルなEメールの時に気をつけなければならないことは何か、インフォーマルなEメールの時に気をつけなければならないことは何かを学んでいきました。

ポイントは以下の通りです。

    フォーマルなEメールの構造で意識する点

  • 標準的な英語を使いスラングなどを使わないこと
  • can’tやI’mなどの短縮を使わないこと
  • 略語を使わないこと
  • 正しい情報を伝えること
    インフォーマルなEメールの構造で意識する点

  • 口語を使うこと
  • can’tやI’mなどの短縮を使うこと
  • 略語を使うこと

この内容を踏まえたうえで、リーディング教材と、講師とのディスカッションで学びを深めていきました。

講師との会話のやりとりの例

ここから今回のセッションの具体的なやりとりを記します。イメージを把握するためにぜひお読みください。※ほんの一部です。

講師
Okey. Let’s get started with that. Can you kindly read the list in the brown box in the text?
Sure.The formality and type of language you use in an e-mail should depend on who the reader is. Consider these basic rules for formal and informal e-mails…
Avoid abbreviations.
講師
Avoid abbreviations. Abbreviation is just like “WHO”. It stands for World Health Organization. Most of the time, they are using acronyms, the first letter of the word. So, as an example, as I said, WHO is World Health Organization. And also, more popular one is BRB, Be right back.
I see. Sometimes my friends and I talk in facebook messenger app, we use some abbreviations, like ASAP, LOL, something like that. But I don’t know many abbreviations.
講師
You can learn more about abbreviation. Check the website here:
講師
Then, please read the email examples?
Sure.
読んだEmail①
Dear Mr. Smith,

Thank you for taking the time out of your busy schedule to meet with us on September 25 at your office.

As I promised, I will be sending you our final proposal by September 30.

If you have any questions, please contact me directly.

Best regards,

読んだEmail②
Jim,

Great seeing you the other day.

I’ll be sure to get the final proposal to you ASAP.

Just let me know if you need anything.

Cheers

講師
So, now, but you have already understood the difference between formal and informal email. So, let’s move to the next topic.
講師
Come up with formal alternative expressions for each informal expression.
対象のEmail
Hey, Tom.

How are things going?

Just a quick note to let you know…

Can you send me…?

Can I get it by tomorrow?

Let me know if you have any questions.

Bye,

私が直したEmail
Hey, Tom.

I hope you are doing well.

I would like to let you know…

Could you send me…?

I would like to get it by tomorrow.

Please let me know if you have any questions.

Best regards,

レッスンまとめ

今回はBizmates(ビズメイツ)でEメールの文面を受け取る人によって変えることを学ぶOther Lessonを受けてきました。具体的なEメールの定番センテンスも学ぶ形になり、実際に利用する際のことを考えながら受講できたので吸収できるものも多かったように思います。

みなさんご覧になっていかがだったでしょうか?こちらでご紹介しているのはレッスンのほんの一部。どんなレッスンかイメージだけでもついたら幸いです。

キャンペーン実施中
Bizmatesでは初月50%OFFキャンペーンを実施中です。
無料会員登録後3日以内に有料会員登録すると50%OFFになります。毎日25日プランなら13,200円(税込)が6,600円(税込)に。毎日50分プランなら19,800円(税込)が9,900円(税込)に。ぜひご利用ください。(2021年8月11日現在)
ビジネス英会話のBizmates 詳しくはこちら